さらりーらんきんぐ 高年収の業界


さらりーらんきんぐによると、もっとも平均年収の高い業界は金融・保険業界です。(30代、40代の場合)続いて、電気ガスなどの公共性の高い基幹産業が続きます。注目なのは、さらりーらんきんぐによると国家公務員が全業界で上位であることですね。国家公務員の場合、男女同一待遇ですから、平均年収も男女合わせた平均値で680万円。

実際には男性のほうが管理職比率は高いでしょうから、さらりーらんきんぐでの男女合算の平均年収では本当のところはわからないです。おそらく国家公務員の男性だけを抜き出したら800万〜900万くらいなのではないか?と思われます。これはかなりの高給ですね。

さすがに、国家公務員に転職するとなると、難しい中途採用試験を受けなければならないので、ほぼ転職できる可能性はゼロに近いですが・・(悲)
その他では、現在、大量倒産が噂されている不動産業界。さらりーらんきんぐでは、平均740万円とかなりの高年収になってますね。こちらもこの秋の中間決算を控えて上場不動産会社が窮地に立たされると専らの噂なので、年収だけで飛びつくのは危ないでしょう。やはりさらりーらんきんぐなどの平均年収データに加え、世の中のトレンドをしっかり念頭において転職活動を行うのが得策です。

さらりーらんきんぐ 転職


さらりーらんきんぐで、自分の年収と同業界の同年代の平均年収を比較すると、業界内での転職による年収アップの可能性を探れます。

ただ、さらりーらんきんぐには「結果をみてすぐに辞表を出すのはやめましょう」とか、「お金だけが幸せではありません」と書いてあるとおり(大笑)、転職は慎重にしましょう。

私の場合、情報通信業界ですが、さらりーらんきんぐによる年収が高いランキングでみると、全業界で3番目なんです。信じられないことに・・なので、業界の平均年収を大きく下回っている私としては、今すぐにでも辞表を叩き付けて、転職したいくらいです!!

一方で、高年収で知られている商社は卸売業になりますが、さらりーらんきんぐによると、わが情報通信産業よりも200万円も平均年収が低いんです。ということは・・卸売業のなかには、年収千数百万の会社もあれば、500万円以下の会社もあり、ばらつきが大きいことが伺えます。転職はリスキーな業界といえるのではないでしょうか?

さらりーらんきんぐ 年収比較


「さらりーらんきんぐ」は、自分の年収が、世間一般の同年代の他業界の人たちと比べて、年収が高い?年収が低い?を客観的に把握できる、新登場のサイトです。

さらりーらんきんぐの運営はネクストフューチャーというウェブ製作
会社で、さっそく「お気に入り」に入れさせてもらいました^^)

自分の年齢、業界、年収をさらりーらんきんぐにインプットすると、自分と同年代の他業界の平均年収と比べてどうなの?というところを数秒で教えてくれます。やっぱり銀行業界は年収が高いですね。ちなみにさらりーらんきんぐは最新の賃金実態調査結果を用いてますので信頼できる数値ではあります。金融業界の転職のハードルはもちろん高いですが、金融業界で年収に不満を持っている人ならチャレンジする価値はあるでしょう。

私は情報通信業で、さらりーらんきんぐによる平均年収は830万・・えっそんなにみんな年収もらっているの?という印象です。なので、業界内での転職により年収アップの可能性もあり・・とさらりーらんきんぐは耳元でささやいてくれているようです(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。